イベント

【イベントレポート】Heart Driven School #10 失敗から学ぶ資本政策

UPDATE:

開催の背景
アーリーステージの資金調達を検討中の方、起業準備中で資本政策の基礎を押さえておきたい方を対象に、「失敗から学ぶ資本政策」をテーマにしたイベントを1月21日(木)に開催しました!
資本政策の問題点は「後戻りができない」こと。
よくある失敗は下記のようなものです。
・創業者/経営チームの持株比率が著しく低くなる
・創業初期からストックオプションを発行しすぎる
・株価/バリュエーションを高くしすぎて、次回ラウンドでつまずく
そこで今回のイベントでは、数多くの資本政策を見てきた専門家に過去の事例を元に資本政策について語っていただきました。
今回も当日のお話をレポートでお届けします!

登壇者の紹介
■石井 隆(いしい たかし)
三井住友信託銀行 ウェルス・マネジメント部主管 オーナーコンサルティング室長 兼 上級主席財務コンサルタント
大手金融機関を経て、2001年に住友信託銀行(現三井住友信託銀行)入社。企業コンサルティング業務、オーナーコンサルティング業務、不動産コンサルティング業務等、各事業部門におけるコンサルティング業務に通算20年以上従事。不動産鑑定士。

■熊谷 祐二(くまがい ゆうじ)
株式会社アカツキ Heart Driven Fund ヴァイスプレジデント
IT企業3社を創業したシリアルアントレプレナー。 2014年にiemo共同代表取締役就任を経て、同社をDeNA社へ売却。 2015年にスポーツテック事業を手掛けるSkyBall社を創業、2018年にアカツキへ売却するとともに、アカツキのesports事業責任者並びにProfessional Esports League(所在地: スペイン)の取締役に就任。2019年7月より、Heart Driven Fund ヴァイスプレジデントに就任。自身の起業・経営経験を元に主にシード期の投資実行、ハンズオン支援を手掛ける。

続きはこちらからご確認ください

PAGETOP