投資先の声

「共にビジョンを目指す強力なパートナー」——投資家とスタートアップの新たな関係性 #2

株式会社LIFE CREATE 前川 彩香 氏
× Heart Driven Fund パートナー 石倉 壱彦

株式会社LIFE CREATE 代表取締役 前川 彩香氏
株式会社LIFE CREATE 代表取締役。仲間とともに2006年北海道発のホットヨガスタジオ「BELBE」をオープン。2008年に株式会社LIFE CREATE設立。2014年にブランド名を「loIve」に変更。2015年、「平成26年度 北の起業家表彰 奨励賞」を受賞。プライベートでは、娘を持つ母。1978年 北海道生まれ。

会った初日に「即決で」役員に。二人を結んだ運命の出会い

前川:
最初の出会いは、2018年8月くらいに共通の知り合いから「面白い経営者がいる」と紹介されたことでした。当時は、事業の拡大をする上での選択肢として、上場を目指すことにしたので、コーポレート系に強い人を探していたんです。そこで紹介してもらったのが、カズ君(石倉)でした。

私自身、お会いする前からきっと周りの人に信頼されている方なんだろうなと感じていました。事前にFACEBOOKで拝見させて頂いたところ、前職の株式会社3ミニッツさんを卒業するときの送別会の写真で、彼を囲むメンバーがとても良い笑顔で写っていましたから。

石倉:
僕もお会いする前に、LIFE CREATEのHPを見たり、YouTubeに上がっている研修会を見たんですけど、すごかったんですよ。言語化は難しいのですが、メンバーのみんなが組織のことが大好きで、周囲に心を開いていて、自分を表現している。“感情を大切に扱ってる組織なんだ”と感じました。

僕はもともと、「この事業が儲かりそうだからやりたい」という考えよりも「いい人を採用していい組織を作れば、いい事業ができる」と信じていて。以前CFOをしていた株式会社3ミニッツという会社でも、人と人とのつながりや、心を分かち合う組織作りを大切にしていたので、お会いする前から親近感を感じていましたね。

前川:
初めて会った時、すぐ意気投合しましたね。私は初日に「カズ君」って呼んでいたし、カズ君はLIFE CREATEの役員になることを即決してくれました。

石倉:
実は投資する前に、僕は社外役員になったんです。押しが強くて、その場で即答させられました(笑)。その頃、次のチャレンジは尖っている経営者の人と仕事をしたいなと思っていたので、前川さんに会ってすぐ直感がよぎったんです。僕は自分のイメージできる範疇を超えた、ちょっと頭がイっちゃってるくらいの人との仕事の方が面白いんで(笑)。

前川:
紹介してくれた方は「即答で決めたなんてありえない」と言っていましたよ(笑)。それくらい当時カズ君は、大きな企業含めて何十社ものオファーもらっていたし。それでもLIFE CREATEに賛同してくれて、ファイナンスやエクイティのことは右も左も分からない状態の私たちに、分かりやすく丁寧に教えてくれました。本当に運命の出会いだったと思っています。カズ君がいなかったら、現状の成長路線へのアクセルを踏み込めていなかったと思います。

石倉:
当時、LIFE CREATEは創業後10年目で、社員数も400人を超えていて、スタートアップでもベンチャーでもない規模ではありながらも、人が感情を分かちえる温かい組織を作っていました。ただ、コーポレートの体制にはいくつか課題があった。だから僕が入れば、この強い事業と組織をもっと大きくできるし、それをやってみたい、と思って社外役員になったんです。

「投資しない理由はない」。決め手となった“ビジョンのシンクロ”

前川:
アカツキ代表の塩田さんとは、一度すれ違いざまに15分ほどの立ち話をしたんですけど、そこで話したのが「愛について」だったんです(笑)。私たちのビジョンは「人生を、愛そう」ですし、その時点でもう価値観がすごく合うと感じていました。

後日、ご飯を一緒に食べたときに分かったのが、人に対する考え方や、本質として大切にしたいことが本当に一緒だということ。また、アカツキさんは、世の中の人たちを輝かせたい、みんなが自信をもって生きる世界にしようと考えていて、それが口だけじゃなく、塩田さんやカズ君から在り方として表れているんです。今後目指すわけでも、繕っているわけでもなく、今そう在る会社。正直エクイティを入れる際に、いろんな企業様からもオファーを頂きましたが、アカツキさんが一番ビジョンの面でマッチしていたので、お願いさせていただきました。

石倉:
前川さんに塩田君を紹介したら、あっという間に出資が決まりましたね。前川さんも言っている通り、事業自体が順調に成長しているだけでなく、ビジョンや組織の作り方が本当に似ていて共感したから「投資しない理由はないよね」と。

LIFE CREATEにとって、アカツキ以上にいい株主はいないと思います。アカツキの掲げてるビジョンとLIFE CREATEが掲げてるビジョンは本当に一緒ですし、意思決定の基準が同じだから。長く共にするパートナーとして、抜群にいい組み合わせです。

また、僕自身事業はすごく魅力的だと思いました。僕はこれまで、所謂インターネットを軸としたサービスに携わることが多かったのですが、3Minute時代に立ち上げたアパレルブランド事業で、リアル店舗のビジネスをしていました。早朝からお店の前に並ぶお客さんの長蛇の列を見た時の驚きは忘れられません。また、お客様がブランドのディレクターと話すために何時間も待っていたり、いざ話すタイミングで嬉しすぎて泣いてる姿を見て、僕自身も感動しました。またそのリアルの場の感動が、SNSを通じてファンに拡散され、コミュニティが熱狂するという体験を目の当たりにしました。

LIFE CREATEもそうした熱狂的なコミュニティが形成されているんです。ヨガやフィットネスに通うのは「綺麗になる」とか「痩せる」という目的はあると思いますが、それ以上に楽しい、ワクワクするからこそ、また行きたくなるもの。実際に入会率や継続率等のKPIの数字を見ても、LIFE CREATEのサービスのファンとなっているお客さんの共感度が高いからこそ、継続して通ってくれていることが分かるので、事業がとても強いと感じました。

自分の会社だと心底思って支援する、“too much”なハンズオン体制

前川:
ハンズオン体制というより“too much体制”です(笑)。資料を全部チェックしてくれますし、管理系の採用において、私たちが分からない必要なスキルを教えてくれて、人柄や経験のすべてを見て、LIFE CREATEに適任の人を面談までして頂いています。その人が入社するまでのフローの整備や、アカツキさんによるPR、ベンチャー界隈の経営者の紹介だったり…もう本当に広範囲でお世話になっているんです。

精神的な支えも大きいですね。何か困ったことがあれば連絡しています。会社が成長する中で、理念やフィロソフィーを失ってしまう話はよく聞きますが、「会社にとって、本当に大事なことは、変えない方が良い」といつも言ってくれるんです。しっかりと受け止めてくれる愛というか、器が大きいんですよ。株主と投資先という関係ではなく、パートナーとしてずっと一緒に取り組んでくれている感覚です。

石倉:
中でも1番僕が頑張ったのは、銀行からの融資交渉ですね。去年、銀行から12億くらいの借り入れをしました。僕は事業計画や説明資料を作って、本社がある札幌も含め日本中の銀行を数十社以上回りました。これまでいろんなファイナンスに関わってきましたが、かなりヒリヒリする戦いでした。また、交渉先から会社や事業に対してネガティブなことを言われて断られたときには、ブチ切れたこともありました。「なんも分かっていない!」って(笑)。

当事者として気持ちが入っているんですよ。僕はそれこそが本質的なハンズオン体制だと思います。投資してる会社のことを、自分の会社だと心底思っている。結果、4か月くらい交渉し、目標金額の調達をすることができました。

前川:
本当にありがたかったですね。みんなに「すごい株主さんだよね、そんな株主さんいないよ」とよく言われますし、これから転職してくるメンバーも「株主さんが良い」というのも1つのポイントになっていると聞きました(笑)。

また、アクセルを踏みたいときに踏める経済基盤が整ってきたことにも、感謝しています。一気に新店舗設立を進めたもののお金の用意が追いつかず、ここで調達出来なかったらあぶないタイミングでしたが、カズ君の全面的なサポートのお陰で、調達できましたし、会社としての運営基盤が整い、仲間もみんな口々に「感謝している」と言います。自分たちがお客様にこの事業を届けられているのは、アカツキさんのおかげ、と。

石倉:
嬉しいですね。何より僕が一番嬉しかったのは、10年ほどLIFE CREATEの人事面や組織作りの外部顧問をしている方が、「初めて外部株主から投資してもらうことになり、正直最初は不安だったけど、アカツキさんが入ってくれて本当によかったと思う」って言ってくれたこと。これまで創業期から全社員を見てきて、会社の事をよく知りながらも客観性のある人が言ってくれるコメントってリアルじゃないですか。

「上場」は、“女性が本当に輝いていく未来”に向けた足がかり

前川:
私たちの理念は、「女性が自分の人生を愛すること、輝く女性をつくること」です。日本中の女性の自己肯定感が上がり、その人らしく本当に輝いていくことで、インパクトを作りたい。資金調達をして事業をスケールさせる為に上場するのではなく、女性が本当に輝いていく未来を作るため。

LIFE CREATEは99%が女性社員なので、多くのメンバーが結婚や出産を経ていますが、変わらず自分らしく本当に輝いています。“仕事を選んだら結婚や子育てがうまくいかなくなる”のではなく、自分の根っこにある本質を輝かせたら、両方HAPPYに生きていける道があると伝えていきたい。その手段として、エクササイズを提供しているんです。今後はアカツキさんのお力を借りながら、テクノロジーを通してより多くの方々に広げていきたいと思います。

石倉:
元々前川さんが掲げている大きなビジョンを、今後もピュアに貫き通してくださいね。規模が大きいから良いわけじゃなくて、自分のやりたいことをするのが大切。それができていたら結果的に事業も良くなっていきます。まずはブレないで、やりたいことを実現させてください。それを形にできるように支援するのが僕らの仕事です。強い意志や思いを貫き通せるような環境を作っていきたいと思います。

また、会社のステージが今後ドンッと変わり、組織づくりや事業を大きくする難しさが出てくるかもしれません。そういう時でもブレずに進んでくださいね。変わらないということではなくて、状況に応じて適合化しつつも、自分たちのやりたいことをやっていくこと。

前川さんは意志が強く、「やる」と決めたことを絶対に引かないですし、莫大なエネルギーを持っている人です。それを上手に生かして、信じ続けてください。応援しています。

株式会社 LIFE CREATE
https://be-lifecreate.com/

文:水玉 綾  写真:大本 賢児  構成:鶴岡 優子

PAGETOP